食べてキレイになれるごはんとおやつ連載Vol.12【フルーツとハーブティーのマチェドニア】

美味しいものを食べると、幸せな気分になる。時には、ストレスも和らいで、疲れもほどけていく。そして、せっかく食べるならカラダにいいものがいい。
この連載では、ウェルネスフードアドバイザーの安田光絵が、罪悪感なく食べられて、健康と美肌の手助けをしてくれるごはんとおやつをご紹介します。
最新の栄養学を参考に、妊婦さんやお子さんも安心して食べられるレシピを考えました。忙しい毎日でもササッと作れるようにできるだけ簡単、時短を目指しています。肌もカラダも精神的にも健やかな毎日のために、役立てていただけると嬉しいです。

Vol.12
フルーツとハーブティーのマチェドニア


おもてなしの時、お料理を準備するのに精いっぱいで凝ったデザートまで作る余裕がない!というときに、私がよく作るのはフルーツたっぷりのマチェドニア。一般的にはフルーツポンチのことを指します。よくある作り方のものだと市販の甘いサイダーを使っているものが多いのですが、それだと食後には重すぎるし糖質も気になるのが本音です。そこでおすすめしたいのが、フルーツのハーブティーと無糖の炭酸水を使ったもの。甘味は蜂蜜とフルーツのもともとの甘さのみ。さっぱりしていて、見た目にも美しいので喜ばれます。今回は、子供も食べられるようにノンアルコールですが、大人の場合は白ワインを少し足してもおすすめです。季節のフルーツを使ってぜひ作ってみてください。

材料

お好きなフルーツ 適量
*今回は、スイカ、バナナ、桃、ブルーベリー、キウイを使っています
ハーブティーのティーバック(ベリー系)1袋
お湯 カップ1杯
蜂蜜 大さじ3
炭酸水(無糖) カップ1杯

作り方

1,カップにお湯と蜂蜜、ティーバッグを入れ、ハーブティーを作り常温に冷ましておく。

ティーバックを入れたら5~10分程置いて、濃いめに出すのがポイント。

2,フルーツを食べやすい大きさにカットし、バッドに入れる。

3,2に1のハーブティーと炭酸水を加えて、冷蔵庫で冷やす。

出来上がり♪

今回使ったハーブティーは、オーストラリアのオーガニックブランド、ゾネントア社のもの。ハーブ人智学者ルドルフ・シュタイナーが提唱した、化学肥料や農薬を一切使わず天体の運行や自然のリズムに合わせて栽培されたハーブのみを使用。ティーバックは環境にやさしい無漂白のリサイクルペーパー、糸はオイルコーティングをしない無漂白コットン、外箱包装は微生物によって分解される、生分解可能なセロファン素材を使用。赤ちゃんからお年寄りまで安心して飲むことができます。

ゾネントア ストロベリー フルーツティー


¥972(税込)
/ゾネントア
http://www.omochabako.co.jp/sonnentor/

ローズヒップやハイビスカス、有機ストロベリーをブレンド。ビタミンCたっぷりで紫外線を浴びた夏の終わりのケアにも最適です!