食べてキレイになれるごはんとおやつ連載Vol.10【さくらんぼと蜂蜜レモンのゼリー】

recipe

美味しいものを食べると、幸せな気分になる。時には、ストレスも和らいで、疲れもほどけていく。そして、せっかく食べるならカラダにいいものがいい。
この連載では、ウェルネスフードアドバイザーの安田光絵が、罪悪感なく食べられて、健康と美肌の手助けをしてくれるごはんとおやつをご紹介します。
最新の栄養学を参考に、妊婦さんやお子さんも安心して食べられるレシピを考えました。忙しい毎日でもササッと作れるようにできるだけ簡単、時短を目指しています。肌もカラダも精神的にも健やかな毎日のために、役立てていただけると嬉しいです。

Vol.10
さくらんぼと蜂蜜レモンのゼリー

recipe
暑い日に食べたいデザートと言えば、つるんとひんやり冷たいゼリー。市販のゼリーは甘くて苦手なので、食べたくなったら家で手作りしています。なんといっても、簡単!
それに、ゼリーに使われるゼラチンにはコラーゲンがたっぷり。美肌をサポートしてくれるだけでなく、疲労回復に効果のあるアミノ酸も含まれているので、バテやすい夏のおやつに最適です。今回は、旬のさくらんぼを透明のゼリー液に浮かべ、涼しげな見た目に仕上げました。ゼリー液は蜂蜜レモン味にして後味もさっぱり。前日に作っておけば、おもてなしにも喜ばれます。

材料(180ccのカップ5個分)

さくらんぼ 適量
水 400cc
ゼラチン 10g
蜂蜜 大さじ3
レモン 2分の1個

作り方

1,ゼラチンをボウルに入れ、100mlのお湯につけてふやかしておく。

2,さくらんぼを洗い、種を取る。
まず、さくらんぼの枝を取り、ホイップクリームを絞る時の口金で種を押し出すと簡単に取れます。
recipe
recipe

3,水をぬるま湯くらいの温度になるまで鍋で温め、蜂蜜を溶かし、さらにレモンの絞り汁を入れる。1のボウルに注ぎ、よく混ぜる。

4,カップの半分まで3のゼリー液を入れて、さくらんぼを数個入れる。
recipe
5,冷蔵庫で冷やして固める。

6,残りのさくらんぼを入れ、さらにゼリー液を流して冷やし固めたら出来上がり!
recipe

さくらんぼ以外のフルーツで作っても可愛いです♪
recipe

作り方は同じ要領で、下段はキウイ、上段はパパイヤバージョンです。