食べてキレイになれるごはんとおやつ連載Vol.8【抹茶と米粉の焼きドーナツ】

organic

美味しいものを食べると、幸せな気分になる。時には、ストレスも和らいで、疲れもほどけていく。そして、せっかく食べるならカラダにいいものがいい。
この連載では、ウェルネスフードアドバイザーの安田光絵が、罪悪感なく食べられて、健康と美肌の手助けをしてくれるごはんとおやつをご紹介します。
最新の栄養学を参考に、妊婦さんやお子さんも安心して食べられるレシピを考えました。忙しい毎日でもササッと作れるようにできるだけ簡単、時短を目指しています。肌もカラダも精神的にも健やかな毎日のために、役立てていただけると嬉しいです。

Vol.8
抹茶と米粉の焼きドーナツ【グルテンフリー】

organic
みなさん、ドーナツは好きですか?私は大好きです♡ でも。一般的なドーナツはキレイを遠ざけるおやつNo1。なぜなら、糖質+小麦粉(タンパク質)を調理することで、糖化という現象が起こるから。糖化とは“体の焦げ”と言われているのですが、糖質とタンパク質が結びつくことで、細胞を劣化させるのです。さらに、トランス脂肪酸を含んだ油で揚げたドーナツは、体内を炎症させるとも言われています。
美味しいのに、リスクも高いのです。そこで、ドーナツ好きとして、どうしても食べたくて(笑)罪悪感の少ないヘルシーレシピを考えました。これなら、糖化の心配も最小限で、ドーナツ本来の美味しさも楽しめます。しかもワンボウルで作れてとっても簡単! 子供のおやつや、プレゼントとしても大人気です。

材料(ドーナツ8個分)

卵 1個
牛乳 90cc
ココナッツオイル(なければオリーブオイルや溶かしバターで代用可)30g
黒砂糖(甜菜糖でも)40g
米粉 130g
ベーキングパウダー 小さじ1
抹茶 大さじ1

1,材料を全て混ぜる。
organic
小麦粉は混ぜすぎるとグルテンの影響で膨らみが悪くなりますが、米粉はグルテンフリーなので気にせずに混ぜても大丈夫。

organic
私が愛用している米粉は、富沢商店のもの。粉がキメ細かくダマになりにくい気がします。

2,型に流し入れ、180度のオーブンで20分焼く。
organic

organic
こちらが、私が使っているシリコンのドーナツ型。シリコンだと、こびりつかないので便利!

3,荒熱が取れたら型から取り出し、ケーキクーラーで冷まします。
organic