食べてキレイになれるごはんとおやつ連載Vol.4【美肌をつくる、人参の春色ポタージュ】

美味しいものを食べると、幸せな気分になる。時には、ストレスも和らいで、疲れもほどけていく。そして、せっかく食べるならカラダにいいものがいい。
この連載では、ウェルネスフードアドバイザーの安田光絵が、罪悪感なく食べられて、健康と美肌の手助けをしてくれるごはんとおやつをご紹介します。
最新の栄養学を参考に、妊婦さんやお子さんも安心して食べられるレシピを考えました。忙しい毎日でもササッと作れるようにできるだけ簡単、時短を目指しています。肌もカラダも精神的にも健やかな毎日のために、役立てていただけると嬉しいです。

Vol.4
美肌をつくる、人参の春色ポタージュ

オーガニック

そろそろ日差しが気になる季節になってきました。紫外線は春先から夏にかけて勢力を増していきます。日焼け止めや日傘で肌を守るのはもちろん、体の内側からケアをすることが、輝く透明美肌に導くための秘訣。そこで、今から美白をサポートする食材を積極的に摂り入れていきましょう。今回、美白食材として選んだのが人参。人参のスター成分であるβカロテンには、紫外線による活性酸素を除去する働きが。さらに、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)を促進するため、シミを予防し、キメの整った美肌をつくってくれます。人参に含まれるビタミンC、Bは生のまま食べるのがおすすめですが、βカロテンを効率的に摂るためには加熱調理が◎。そこで、人参をたっぷり摂取できるポタージュスープをご紹介します。あたたかな日差しを感じさせる鮮やかなオレンジが、食卓も明るく彩ってくれます。

材料(スープ皿4杯分)

バター 大さじ1
ニンニク 1片
人参 2本
玉ねぎ 2分の1個
コンソメの素 1個(もしくは野菜だし1袋)
牛乳 100cc
塩 少々
黒胡椒 少々
オリーブオイル

1,鍋にバターを熱し、包丁の背でつぶしたニンニク、薄切りにした玉ねぎ、人参を弱めの中火で10分ほど炒める。
オーガニック

2,水をひたひたになるまで入れ、さらにコンソメの素を入れて、鍋の蓋をして人参が柔らかくなるまで煮る。
オーガニック

3,蓋をしたまま冷ましたら、牛乳を入れてバーミックスかミキサーにかける。再度、火にかけ温めてから塩で味を整える。
オーガニック

4,器によそったらオリーブオイルを回しかけ、黒胡椒を振りかけて完成。

 

この時期、人参のほかにオススメなのが、新緑を思わせる色合いの「ほうれん草のポタージュ」。
オーガニック
作り方は、人参をほうれん草に変えるだけ。ただし、ほうれん草は加熱しすぎると栄養が減少してしまうため、玉ねぎが煮えた後に投入し、最後にさっと煮るのがポイント。

 

オーガニック
私が普段、選んでいる牛乳は「よつ葉乳業」の「生産者指定 よつ葉牛乳」。遺伝子組換えをしていない飼料で育てられた牛の乳で作られています。コクのある味わいで、カフェオレにしても美味しい!