食べるだけでキレイになれるごはんとおやつ連載Vol.3【苺とカシュークリームとバルサミコのパフェ】

美味しいものを食べると、幸せな気分になる。時には、ストレスも和らいで、疲れもほどけていく。そして、せっかく食べるならカラダにいいものがいい。
この連載では、ウェルネスフードアドバイザーの安田光絵が、罪悪感なく食べられて、健康と美肌の手助けをしてくれるごはんとおやつをご紹介します。
最新の栄養学を参考に、妊婦さんやお子さんも安心して食べられるレシピを考えました。忙しい毎日でもササッと作れるようにできるだけ簡単、時短を目指しています。肌もカラダも精神的にも健やかな毎日のために、役立てていただけると嬉しいです。

Vol.3
苺とカシュークリームとバルサミコのパフェ【乳製品アレルギー対応】

オーガニック
苺が旬の季節になりました。甘くてジューシーな苺は見た目にも可愛くて、女子気分をアップさせてくれます。
今回は、自分のおやつにもおもてなしにもオススメな、簡単&ヘルシーなパフェをご紹介!クリームは、生クリームではなくカシューナッツクリームを手作り。カシューナッツには、ホルモンの材料となる良質な脂肪酸、潤いのある皮膚や髪をつくる亜鉛、貧血を予防する鉄分が多く含まれています。
水に浸けておいたナッツを水や塩と一緒にミキサーにかけるだけで、栄養豊富なクリームに変身!水を多めにしてザルで漉せば、カシューナッツミルクになるので、覚えておくと活躍します。そして、苺と合わせたいのが、バルサミコ酢。コクのある酸味が、苺の甘さを最大限に引き出し、苺の新たな魅力を発見できるはず。

材料(4人分)

【カシューナッツクリーム】
カシューナッツ 1カップ
水 1/2カップ
メープルシロップ 小さじ2
塩 ひとつまみ

【バルサミコソース】
バルサミコ酢 大さじ2
はちみつ 大さじ1/2

苺 1パック

1,カシューナッツを2時間から1晩、水に漬けておく。
オーガニック

2,【カシューナッツクリーム】の材料をすべてミキサーに入れて撹拌する。
↓こんな感じのクリーム状になります。

3,小鍋に【バルサミコソース】の材料を入れ、弱めの中火でとろりとするまで煮詰める。

4,器にカシューナッツクリームと半分に切った苺を交互に入れ、バルサミコソースをかけて出来上がり。
オーガニック

 

オーガニック
私が愛用しているバルサミコ酢は、「アルチェネロ」の有機バルサミコ・ビネガー。カラメル色素や酸化防止剤が使われているものが多い中、これは無添加。ツンとしないほんのりとした酸味と自然な甘さで、ドレッシングや豚肉のソテーのソースにしても美味しいですよ!

HanakoママWeb
https://hanakomama.jp/keywords/安田光絵/
カキガール
http://kakigirl.jp/category/column/恋愛牡蠣込み寺/