夏の良質な栄養補給にもなる!?オーガニックアイスクリームのすすめ

© Kippy’s COCO-CREAM

熱中症対策のためにも、小マメな水分補給が必要な盛夏。時には飲み物の合間に、ひんやり冷たいアイスクリームで涼を取りたくなりますよね。とはいえ、アイスクリームといえば砂糖や乳脂肪分を使い、フレーバーを際立たせるために合成香料を使ったり、合成着色料で見た目も楽しく、凝固剤に安定剤…と、ヘルシーさに欠けるイメージを抱いている方が多いのではないでしょうか。そこで今回はヘルシーさと美味しさを両立させた、ギルトフリーなオーガニックアイスクリームをご紹介します。

本来アイスクリームはダイエットの敵

「アイスクリームはダイエットの敵!」とされてきた理由の1つに、温度と味覚の関係があります。私たちの味覚は、体温に近い、いわゆる常温の時に甘味をより感じやすくなっています。それより高い温度、低い温度になると甘味を感じにくくなるのです。そのため、アイスクリームの多くは通常よりも砂糖などの甘味料を沢山使うことで、ひんやり感と同時にしっかりとした甘味を捉えられるように作られてきたのです。

ヘルシーで美味しいオーガニックアイスクリーム

icecream
© Kippy’s COCO-CREAM

オーガニックアイスクリームは、自然素材をメインに作られていますが、だからといって物足りなさを感じることはまったくありません。むしろ、果物の甘味や酸味、カカオの香ばしさやスパイスの香りはとてもパワフル。これらを合成香料や合成着色料、保存料などを使うことなく絶妙に組み合わせることで、さっぱりとした口当たりと深みのある味わいを両立させています。ここからは、そんなオーガニックアイスクリーム界を牽引してきた、日本でも熱く注目されている2つのブランドをご紹介したいと思います。

ダイエット女子にはココナッツベース。
“Kippy’s COCO-CREAM”

icecream
Kippy’s COCO-CREAM(キッピーズ ココクリーム)は、2010年にカリフォルニアのベニスで誕生した、乳製品、砂糖、グルテンを一切使用していないアイスクリーム。オーガニックの新鮮なココナッツクリームをベースに、甘味は、糖分を分解する酵素やビタミン、ミネラルなどを含む生ハチミツ、消化にも良いデーツでつけています。そのほかココナッツウォーター、新鮮なフルーツ、カカオやシナモン、バニラビーンズなどのスパイスを使うことで、フレーバーもバリエーション豊か。さらに、ヘンプシードやピーポーレン、カカオニブにゴジベリーなどスーパーフードのトッピングも!ビタミン豊富なベリーソースや、ローカカオとココナッツオイルと生ハチミツでできたチョコレートソース、生ハチミツとヒマラヤソルトが入った塩キャラメルソースもトッピングとして選べます。

フレーバーは、チョコレートやストロベリー、グリーンティーといった定番のものから、夏場はブルーベリーやラズベリー、ピーチなどさっぱりと爽やかなソルベも登場。また、ヴィーガンでも食べられるようにデーツを使ったバニラデーツ、チョコレートデーツ、コーヒーデーツの3種類もKippy’sならでは。コーヒーの味わいは、いわゆるカフェインを含むコーヒーではなく、ラモンというグアテマラ産の果実を焙煎したものを使って再現。ノンカフェイン、低カロリーで体にやさしく、ビタミンやミネラル、フィトケミカルも摂れてしまうのでダイエット中でもこれなら心おきなく食べられます。

icecream

ミックス&マッチ(2スクープ)500円
ネオポリタン(3スクープ)700円
ハーフパイント(4スクープ)900円
トッピング 各100円
※すべて税込価格

/すべてKippy’s COCO-CREAM

Kippy’s COCO-Cream

東京都渋谷区千駄ヶ谷2-6-3
TEL:03-6758-0620
OPEN:11:00〜19:30
http://kippyscococream.com/

厳選素材で子供と一緒に、ギフトにも。
“Three Twins Ice Cream”

2005年にカリフォルニア州のサンラファエルで誕生したThree Twins Ice Cream(スリーツインズ アイスクリーム)
創業者のNeal(ニール)は、“信頼する生産者の原材料のみを使用する”というコンセプトのもと製法や原材料にこだわり抜いた結果、“100%オーガニックアイスクリーム”にたどり着いたそう。その結果、Three Twins Ice Creamはアメリカのオーガニック認証USDAを取得したアイスクリームとして、健康的に食を楽しみたいすべての人から絶大な信頼を得る存在に。

フレーバーはマダガスカルバニラ、シーソルトキャラメル、クッキー&クリーム、ビタースウィートチョコレートなど甘くて美味しい定番の味もばっちりマーク。
さらに、アメリカで人気の高いレモンクッキー、着色料不使用のミントアイスクリームにビターチョコレートチップを加えたミント、スパイスの女王といわれるカルダモンが効いたマダガスカルバニラなど、一度味わってみたい個性的なフレーバーも揃っています。


店頭では、カカオニブ、キヌアパフ、ピスタチオ、ラズベリークリスプ、チョコレートスプレーの5種類のトッピングをつけることができ、スクープしたアイスをホームメイドワッフルコーンで食べることも可能。このワッフルコーンもまた、オーガニックの小麦、きび糖、バニラエッセンスがベースという徹底ぶり。


現在のところ店舗は代官山のみですが、Three Twins Ice Creamではお持ち帰り用のカップアイスクリームでシングルサイズ(147ml・390円+税)や、アメリカの家庭用アイスクリームの主流である3〜4人分のパイントサイズ(473ml・1,200円+税)のカップ入りアイスクリームも展開。ナチュラルローソン(一部店舗を除く)、沖縄県内のファミリマート全店、リウボウストアではすでに販売中。2018年7月からはBiople by CosmeKitchen 名古屋タカシマヤ ゲートタワーモール店でも発売がスタートしました。

店頭テイクアウト価格
<カップ>
シングル 380円+税
リトル ダブル 500円+税
ダブル 680円+税
スリーツインズ 550円+税 ※小さめスクープ3種

●ホームメイドワッフル 100円+税
●トッピング 各80円+税

/すべてThree Twins Ice Cream
(マッシュビューティラボ)

Three Twins Ice Cream 代官山本店

東京都渋谷区代官山町19-4
代官山駅ビル1F Cosme Kitchen併設
TEL:03-6455-1510
OPEN:10:00〜21:00
http://threetwinsicecream.jp/

 

まだまだ、どこのスーパーでも買える存在ではないものの、だんだんとオーガニックアイスクリームを楽しみやすくなってきているのは嬉しい限り。ヘルシーなアイスクリームは、お家でもインスタントに作って食べることができます。例えば、冷凍したオーガニックのバナナと冷やしたココナッツミルクをブレンダーで混ぜるなど…。とはいえバリエーション豊富で濃厚なフレーバーを楽しむのはなかなか難しいので、この2つのブランドの名前をインプットしておけば、お出かけの時の楽しみが増えること間違いなしと思います♪