お花のエネルギーでポジティブな毎日を。フラワーエッセンスの魅力

花粉症 フィトテラピー

忙しい日々が続いたり、環境が変わったり。私たちが過ごす日々の生活には、病院に行くほどではないけれど、ストレスが溜まってちょっとした不調を感じることも少なくないと思います。
そんな時に力を借りたい、お守り的存在のフラワーエッセンス。その魅力をご紹介します。

フラワーエッセンスとは

フラワーエッセンスとは、お花の波動エネルギーをエッセンスにしたもの。体系化したのはイギリスの細菌学者でホメオパシー医でもあったエドワード・バッチ博士。(1886〜1936)治療と情動に関係があることを突き止め、38種類のレメディを作ったところからフラワーレメディの歴史は始まっています。
レメディは、詳しくいうと花のエネルギーを水に転写してできたマザーエッセンスから希釈されて作られます。
フラワーエッセンスはお花が持っている波動エネルギーにより、怒りや恐れ、不安、嫉妬、寂しさ、悲しみなど、マイナスの感情をプラス方向へ導き、メンタルのバランスを取ってくれます。瞬間的な感情から、その人個人がもともと持っている性格にまで作用するのが特徴です。
“情動”は何か問題が起きた時に起こるものですが、フラワーエッセンスにはその問題自体を解決する力はありません。それによって受けたメンタル面にあくまでもアプローチします。

フラワーエッセンスとの出会い

私がフラワーエッセンスに出会ったのは、今から約10年前。長女を出産し、仕事と育児の両立に対して大きな挫折を感じて、メンタルに大きなダメージを負っていました。でも、毎日のタスクをこなすのに必死で、そのことに自分自身でも気づいてはいませんでした。フラワーエッセンスを飲んだ時に、自分が自分の感情を抑え込んでいることに初めて気づいたのです。感情が外に出ていくのを感じ、その時に涙をポロポロと流したことを覚えています。フラワーエッセンスの効果の一つに“感情をリリースする”ことが挙げられますが、私はまさにこれを体感しました。
手放せないものを手放し、自分と向き合わせてくれる。飲み始めて、心がどんどん軽くなり、前向きな気持ちになったことを、今でも覚えています。「お花って、植物ってすごい」と、植物の力の素晴らしさに感動し、すぐにDTWフラワーエッセンスプラクティショナーの資格を取りに行き、独自にカウンセリングを続けてきました。

私たちの体の周りには、波動エネルギーが層になって取り囲んでいます。ネガティブなエネルギーが心に侵食すると、体へも影響を与えることがあります。このネガティブなエネルギー体にアプローチするのがフラワーエッセンス。そもそも、病気を治癒する際に、メンタルへのアプローチも必要だとされて生まれたのがフラワーエッセンスなので、直接体へ作用することはありませんが、心身のバランスを取るためには、フラワーエッセンスは非常に有効だと考えています。

フラワーエッセンスの種類と活用

バッチのフラワーエッセンスは自然界にある美しい花から作られており、毒性や副作用はありません。赤ちゃんから妊娠中のお母さん、ペットや植物まで安心して使えるのが特徴です。お花の波動エネルギーというと、どうしても怪しげな雰囲気になってしまいますが、そもそも考案したのはドクターだという点に注目してみてください。
オーストラリアやカナダなど、各国でも独自のフラワーエッセンスが作られています。その地に咲くオリジナルのフラワーを使って作られたり、バッチをベースにしてアレンジしたり、アルコールやグリセリンベースのもの、ドロップタイプなど、様々なものが展開されています。それぞれに特徴があるので、わかりやすく、飲みやすいものから始めるとよいでしょう。

バッチのフラワーエッセンスが作られた当時と今では、社会背景が全然異なるし、種類もたくさんあるので、最初は自分に合うものを選ぶことは難しいかもしれません。自分にあったものを選ぶ=客観視ができるということになりますが、これがそう簡単ではないので、初めてフラワーエッセンスを選ぶ時は、カウンセリングをオススメしています。自分に合う植物ではないと、効果が薄れる場合があります。最適な相性を考え、効果を最大限に引き出すためにも、客観視しながら、眠っている問題はなんなのかを見極める必要があります。

基本的にはお水に垂らして、1日に数回飲んでみてください。直接舌下に垂らすことも可能です。お風呂に入れることも可能ですが、できれば最初は飲むことから始めてみてください。効き方は、人それぞれ。稀にすごく早くに効果を実感される方もいらっしゃいますし、じわじわと効いて、2〜3週間後くらいに調子の良さを感じられる方もいらっしゃいます。飲む時は、きっとこの1滴がサポートしてくれるはず、と言い聞かせながら飲むことがポイントです。

世界中で愛されている バッチフラーワレメディ

バッチフラワーレメディ クレマチス
フラワーエッセンス
10ml ¥2,400(税抜)
プルマインターナショナル(03-5411-7872)
http://www.purnama-intl.co.jp/

フラワーエッセンスを作ったバッチ博士が最初に手がけた3つの中の1つのエッセンスがこのクレマチス。いつも夢見心地で、現実に関心が持てない…現実逃避型に、活力や注意力にかけた状態の時に飲むもの。実は、私がバッチのオリジナルのレメディを試したのはフラワーエッセンスに出会って少し経ってからでしたが、オリジナルを飲んだ時は何か守られているような安心感がありました。クレマチスは、集中力を高めてくれるので、何かを始める時に飲むことが多いです。グリセリンとアルコールの両タイプから選べます。

日本人の気質に合わせたモダンエッセンス DTW

シングルエッセンス ヤローホワイト

10ml ¥2,500(税抜)

 

フォーミュラ ファシネーション

フラワーエッセンス

25ml ¥3,500(税抜)

ともにトリニティフォース(03−5789-8773)
http://shop.trinity-force.com

私が初めて効果を実感し、資格を取得させていただいたのがこのDTWのエッセンス。現役のドクターが栽培、臨床、製造を全て行なっているのが特徴で、日本人の気質に合わせた36種類(シングルエッセンス)と目的別ブレンドの14種類(フォーミュラ)がラインナップ。植物性のグリセリン仕様なので、非常に飲みやすく、子どもやペットにもあげたいという人にもオススメ。ブレンドならばやはりファシネーション。女子力アップのエッセンスとしてはもちろん、実はダイエットやPMSの助けとなることも。ヤローホワイトは、電磁波やネガティブな気から守ってくれる現代人必須のエッセンス。

野生の花のエネルギーで癒しを オーストラリアン ワイルドフラワーエッセンス

ジャナーク バランス オブ マインド エネルギー
フラワーエッセンス
15ml ¥2,500(税抜)
シンシア・ガーデン(03-5775-7375)
http://sincere-garden.jp

オーストラリアンワイルドフラワーエッセンスは、アボリジニの知恵が起源。開発者であるバルナオ博士は、花を摘み取って水に浮かべてエッセンスを採取する方法ではなく、咲いているお花にお水を垂らして、エッセンスを集めるという作り方をしているのが特徴的。エッセンスの他にチャクラスプレーやクリーム、バスエッセンスも展開。エネルギーのエッセンスはとにかくパワフルで即効性あり。自分の疲労感にこれを飲んで気付かされたほど。こちらのシンシア・ガーデンにて、フラワーエッセンスを使ったトリートメントも受けられるのも嬉しい。

よりエネルギーのつながりを感じたい人に パシフィックエッセンス

アバンダンスエッセンス
フラワーエッセンス
25ml ¥3,200(税抜)
ネイチャーワールド(03−5214-4881)
※2018/5/8(火)以降 03-6458-4550
http://www.natureworld.co.jp/

人生に起こる全ての出来事のおおもとはエネルギーである、と捉え、物事が形となって実現する前のエネルギーの流れに繋いでくれるエッセンス。「自分で自分の現実を創り出す」というポテンシャルを引き出すように助けてくれます。これを飲み始めてから、心が落ち着いて前向きになったという声も多く、仕事や恋愛面の好転、金運アップといったことまで幅広い。私は飲み始めてから、より五感が研ぎ澄まされるような感覚を持ちました。物事を長いスパンで考えながら飲んでいくと良い気がします。

*フラワーエッセンスによるコンサルテーション受付中
http://www.wellness-beauty-quesera.com/