使わないなんてもったいない!ココナッツオイル活用レシピ

ココナッツオイル

数年前、その健康効果がテレビで紹介され一大ブームを巻き起こしたココナッツオイル。近所のスーパーで気軽に買えるほど”カラダにやさしい油”としてポピュラーになりました。
しかし、流行りにのって買ってみたけど、使いこなせず冷蔵庫に眠っている…コーヒーに入れる以外の使い方が分からない…ココナッツの香りが強そうでお料理には使いづらい…そんな印象を持たれている方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、ココナッツオイルブームの火付け役”ブラウンシュガーファースト”で広報をつとめる松浦裕香里さんにココナッツオイルのおいしい活用レシピを教えていただきました!

美味しくキレイに!ココナッツオイルの魅力


そもそもココナッツオイルは何かというと、ココヤシというヤシ科植物の胚乳から採れるオイルです。
最近では良質な脂質(油)を摂ることが美容や健康に効果的であるという認識も徐々に広まってきていますが、ココナッツオイルは、トランス脂肪酸・コレステロールフリーのオイルです。
一般的に中鎖脂肪酸とよばれる(カプロン酸・カプリル酸・カプリン酸・ラウリン酸)が含まれるココナッツオイルは良質な油と言えます。(※当社のココナッツオイルは約62%含まれています)
中でもラウリン酸は、母乳にも含まれる成分で、カラダの免疫力等を高めるとも言われており、医師をはじめ専門家の方々から注目されている成分でもあります。

ココナッツオイルの健康・美容効果

抗菌効果

上の段でもお伝えしたラウリン酸はカラダの免疫力を上げることが期待できる他、抗菌効果もあると言われています。インドの伝統医学”アーユルヴェーダ”では、油でうがいをする”オイルプリング”と呼ばれる健康法があります。アーユルヴェーダではごま油で行うのですが、海外セレブが美容のためにココナッツオイルでオイルプリングをしたことで話題になりました。ココナッツオイルでオイルプリングを行う理由は、ラウリン酸による抗菌効果への期待と、お口のエクササイズが目的。
私も、よく歯みがき後の仕上げにココナッツオイルでくちゅくちゅと5~10分程うがいをします。

ダイエット

油には大きく飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸という脂肪酸の種類に分かれます。飽和脂肪酸の仲間であるココナッツオイルですが、ココナッツオイルの栄養素の多くを占める中鎖脂肪酸は一般的に体内に消化吸収されやすく、脂肪として蓄積されにくいといわれています。あくまでも“油”なので、摂りすぎはオススメしませんが、ダイエット中の方はいつもの油の代わりにココナッツオイルを使うのも良いかもしれません。

保湿に便利で酸化しにくい

ココナッツオイルは「飽和脂肪酸のため酸化しにくい」といわれています。また保湿力もばっちり◎。当社ではココナッツオイルを食べるだけでなくお肌にも使って欲しいという想いから、ココナッツオイルを使ったコスメラインを販売しています。私も、お風呂上りにはココナッツオイルを顔やカラダ、最後には髪の毛まで塗っています。しっとりするうえ、酸化しにくいのでお肌に塗っても安心して使えます。

ココナッツオイルのおいしい活用レシピ

美容・健康効果で話題になったココナッツオイルですが、私はその美味しさや汎用性にとても魅力を感じています。バターやいつもの調理油の代わりに、クッキーを焼けばサクサク、マフィンに混ぜて焼いたらしっと。スープや炒めものに使えばコクがでます。
簡単に試せるココナッツオイルレシピ、ぜひ試してみてくださいね。

ココナッツオイルでベシャメルソース!エビとマカロニグラタン

ココナッツオイル レシピ

材料

ココナッツオイル         大さじ3
薄力粉              大さじ4
無調整豆乳 or牛乳         2カップ
茹でたマカロニ            120g
パセリ               適量
パルミジャーノチーズ(粉チーズ)  適量
塩                少々

●炒める具材
えび                16尾
たまねぎ(繊維に沿って薄切り)    5個
マッシュルーム(スライス)       2個
じゃがいも(厚めのいちょう切り)   半玉

作り方

1.お鍋にココナッツオイルを熱する
2.ココナッツオイルが熱したら、●炒める具材 を入れて、塩を加えて炒める
3.具材に火が通ったら、薄力粉を加える
4. 粉っぽさがなくなってきたら一気に投入を加え、弱火でゆっくりかき混ぜる
5.とろみが出てきたら、そこに茹でたマカロニを加える
6.お好みで塩を加え、さっと混ぜて耐熱皿へ移す
7.パルミジャーノチーズをたっぷりかけてトースターでほんのり色づく頃までチン!
8.仕上げにパセリを振りかけて完成!

ココナッツオイルで!焼きいもドルチェ

ココナッツオイル レシピ

材料

焼きいも      お好きなだけ
ココナッツオイル  適量

作り方

蒸かしたor焼いたお芋に、ココナッツオイルをお好きな量塗るだけ!
つけて食べるだけでドルチェのような絶品さつまいもに変身です!

ココナッツオイルで春色パスタ

ココナッツオイル レシピ

材料

(4人分)
スパゲッティ(1.7㎜) 360g~400g
ココナッツオイル    大さじ6
にんにく(つぶす)   2かけ
A
菜の花(下ゆでして2センチくらいに切っておく) 1束(100g)
スライスベーコン(2センチ幅に切る)      100g
B
塩           4つまみ
白ワイン(または酒)  大さじ2
あらびき胡椒(黒)   適量

しょうゆ        適量
パルミジャーノチーズ  適量

作り方

=下準備=
スパゲティは、塩適量(分量外)を加えたたっぷりのお湯で、袋の表示時間を目安に茹でる
1.フライパンにココナッツオイルとにんにくをいれて弱火で熱し、香りがたつまでじっくり加熱する
2.にんにくが薄く色づいてきたら、Aの具材を加えて炒める。
3.具材がしんなりしてきたら、Bの材料を順番に加え、湯切りしたスパゲッティを加えて炒める
4.仕上げに、しょうゆを回しかけて炒め合わせる
5.器に盛り、上にパルミジャーノチーズを振りかければ完成!

【取材協力】
ココナッツオイル
松浦裕香里(まつうら ゆかり)
ブラウンシュガーファースト広報。商品PRはもちろんのこと、世界各地の農場・加工場に足を運びオーガニックフードの生産現場について学ぶ。ココナッツオイル使用歴は4年以上。ココナッツオイルをはじめ自社商品を使ったレシピやオーガニック・ナチュラルな食の提案を発信中。
Instagram:@yukari_bs1st